• 日本語
  • English
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • 한국어

NEWS&TOPICS

(日本語) 「博多駅早朝清掃」に当学園留学生も参加しています。

2020.11.08 NEWS&TOPICS 学校法人 宮田学園 BLOG 学校法人 宮田学園 西日本国際教育学園 国際貢献

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

学校法人宮田学園では有志の教員と留学生で、毎月8日の「博多駅早朝清掃」に参加させていただいております。今回は日曜日の開催となり、理事長、常務理事と引率教員3名、留学生43名の48名で参加致しました。当学園の参加数が多かったです。

▲清掃を終えて。コツコツとゴミを集めて大きくなった袋が「小さな努力の証」

 

「社会の荒みをなくす博多駅早朝清掃」は、NPO法人福岡実践人が主催し、JR九州・博多駅、精華女子高・福岡大等のメンバー(掃除道道友)を中心に、博多駅を日本一の駅にしようという志しで、早朝6時00分から7時30分まで博多駅筑紫口周辺の清掃を行っています。幼児から学生一般社会人まで毎月延べ100名前後が参加し、平成5年12月から以来27年間毎月一度も休むことなく行われている歴史ある取組みです。

▲感染防止の為、トングでゴミをつかみます。

 

博多駅早朝清掃は全員マスクを着用し、受付台で手を消毒後、参加名簿に記帳(掃除の会負担で万一の事故に備えの保険加入がある為)して活動をします。実施内容は、開会式、挨拶、「お掃除の歌」合唱、ラジオ体操、挨拶、幼児・小学生・中学生等の紹介、初参加者の自己紹介、掃除の注意事項の説明、清掃実施(1時間程度)、ゴミ処理後自由解散の流れとなっています。掃除道具は本来は持参することになっていますが、早朝掃除用として、志に賛同した企業様が準備してくださっているそうです。

▲タバコの吸い殻ゴミが多く路上にありました。

 

街や駅がきれいになると同時に、社会の荒みもなくし、また参加者自身の心も磨くことができます。宮田学園では、留学生に日本語を教えるだけでなく、心の教育・日本の文化の一つとして「地域清掃活動」にも力を入れてまいります。
関連リンク
NPO法人福岡実践人 福岡掃除に学ぶ会

認定NPO法人日本を美しくする会 掃除に学ぶ会

 

情報管理広報課・二村