• 日本語
  • English
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • 한국어

NEWS&TOPICS

(日本語) ソフトバンクグループの社会貢献プログラムに賛同し、人型ロボット「Pepper」を授業等に活用

2019.10.18 NEWS&TOPICS 学校法人 宮田学園 国際貢献

죄송합니다,이 내용은 지금 일본어뿐입니다中文. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in this site default language. You may click one of the links to switch the site language to another available language.

学校法人宮田学園・国際貢献専門大学校は2019年9月2日、ソフトバンクロボティクスのPepperを導入しました。当校はソフトバンクグループの社会貢献プログラムに賛同し、人型ロボット「Pepper」を活用した「プログラミング基礎」という教育科目を演習の必修科目として開設しております。主に9/12からの授業で活用するほか、9/21・10/19・11/9のオープンキャンパスでのデモ使用、子ども食堂で地域の方とのふれあい、就職説明会、本校や玉川キャンパスで案内等の活用も検討しています。

■詳細
プログラム練習ソフトを使い、プログラム作成の基礎とアルゴリズムについて学び、自己の考えをプログラムとして実現する(Pepperを動かすプログラムの作成、Pepperを動かすプログラム 実働&修正)。

■目的:人型ロボットを活用し、体験的プログラム教育の実践をする。
■学習効果:論理的思考能力、課題発見&問題解決能力、イノベーション能力の育成と強化を目標にする。具体時にはプログラム思考を理解し、キーボードやマウスでPepperを操作できる(しゃべらせる、顔や手を動かす)。付属センサを用いて、言語的、非言語的にPepperを操作できる(タッチ・ジャイロ・ソナー・レザー・赤外線等の各センサ)。人前でプレゼンできるプログラミングを実装できる(子ども食堂、オープンキャンパス、受付案内係など)等。
■期間:2019年9月~2021年9月
■実施予定:一年間に270分(90分×3コマ)の授業実施

 

■当内容に関する問合わせ先
国際貢献専門大学校
問合せ先092-541-8460 楠本・桑元

 

 

統括企画課 二村