学園概要

ごあいさつ

多様性を持った、
私たちだけにできる国際教育を。

学園総長 宮田 道郎
学園総長 宮田 道郎

学院を設立して以来、私が一貫して言い続けていることは「教育の国際化」です。
その信念に基づき、1992年に日本語教育機関 西日本国際教育学院を設立、以来20年以上にわたり海外からの留学生に、日本語と日本の文化を教育してきました。2012年に、宮田学園は学校法人となり、2014年4月には更なる教育の国際化を実現するために、日本人と留学生の双方を対象とした専門学校 国際貢献専門大学校を開校いたしました。
教育とは、元来、多様性を持ったものでなくてはならないと私は考えています。
今、世界では「答えの見えない問題」を解決する能力が求められています。
この能力を育むことを目的とした国際教育機関として、学校法人 宮田学園は邁進してまいります。
今後とも、皆様のご支援・ご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

学園総長経歴
1947年4月
熊本県八代市出身
1972年3月
東和大学 工学部電気工学科卒業
1992年4月
東和国際教育学院 設立と同時に設置代表者 兼 学院長 就任
2003年4月
西日本国際教育学院に校名変更 最高経営責任者(CEO) 就任
2009年5月
NPO法人国際教育支援機構 設立と同時に理事長 就任
2012年4月
学校法人宮田学園 学園総長 就任
  • 特許:エレベーターの省電力モーター開発の特許取得(特許番号 2813569)1996年取得
  • 韓国テグカトリック大学客員教授
  • 趣味:クルージング(1級船舶免許保有)、ボクシング

留学生も日本人学生も、
世界へ羽ばたくために。

理事長 宮田 智栄
理事長 宮田 智栄

本学園では今日まで、西日本国際教育学院にて、留学生を対象に「日本語」と「日本のこころ」の2つを柱にした国際教育を行なってまいりました。また、2014年に開校した国際貢献専門大学校でも、日本人学生が世界へ羽ばたくため同様の国際教育が必要であると考え、指導を心がけております。すなわち、「語学」と「日本のこころ」を重視した教育に「考える力」と「行動力」を加味した教育が、グローバル人材の育成には不可欠だと考えているのです。
海外からの留学生も、日本人学生も、同じ「世界の若者」です。私たちは、その世界中の若者を受け入れ、同じ理念で教育を行います。それこそが、国際教育の本来の在り方だという考え方のもと、学校法人 宮田学園は未来へと歩んでまいります。
これからも、皆様の変わらぬご支援とご厚情を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

学園のあゆみ

1992年4月
財団法人日本語教育振興協会認定校 東和国際教育学院
開校設立代表者 宮田 道郎
2003年4月
財団法人日本語教育振興協会認定校 西日本国際教育学院に校名変更
最高経営責任者(CEO) 宮田 道郎 就任
2009年5月
NPO法人国際教育支援機構 設立
理事長 宮田 道郎 就任
2012年4月
学校法人 宮田学園 設立
学園総長 宮田 道郎 就任
理事長  宮田 智栄 就任
同年8月
西日本国際教育学院 院長 宮田 智栄 就任
2014年4月
専門学校 国際貢献専門大学校 開校
2017年4月
専門学校 国際貢献専門大学校 4年制コース開講

情報公開

財務情報(PDF)  自己点検・評価(PDF)