• 日本語
  • English
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • 한국어

ブログ

(日本語) 木下大サーカス福岡公演を鑑賞しました!!

2020.02.26 博客 学校法人 宮田学園 西日本国际教育学院 国際貢献

对不起,此内容只适用于日文。 For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

福岡県で5年ぶりの公演となる「木下大サーカス福岡公演」に宮田学園の国際貢献専門学校(約600人)及び西日本国際教育学院(約900名)の学生及び職員が鑑賞いたしました。

▲入場を待ちわびる宮田学園・国際貢献専門大学校の学生

 

まず2月18日(火)に国際貢献専門学校が、2月26日(水)に西日本国際教育学院が学園全体の行事として参加。鑑賞目的は ①世界三大サーカスの一つを鑑賞して、学園生活の思い出づくりとする。 ②集団行動の実践を通して、鑑賞マナーや時間を守ることを身につける。 ③日本の大衆文化に触れることによって、日本文化への理解を深めさせる。というコンセプトに沿って実施しました。

▲小雨もあがりゲートの前でvサイン。

 

今、世界的に大変危険な新型コロナウイルスが流行しています。その為、安全には配慮して実施しました。特に西日本の鑑賞に関しては、前日に政府からコロナウイルスに関する指針が発表され、学生全員への体温測定を入場前に実施し、全員37.5度以下を確認し、マスクをして入場しました。

▲テントの前でいい笑顔♪

 

大部分の学生達は、サーカスを観たことがなく、今回のサーカスを非常に楽しみにしていたためか、早くから会場に到着し、サーカス前の広場で記念撮影をしたり、他クラスの友人と語り合ったりして、サーカスが始まるのを今か今かと待ち望んでいました。

▲宮田学園・西日本国際教育学院の学生。はやく入場したくてうずうずしています。

サーカスの入場門が開門し、会場に入る学生達の笑顔がとても印象に残りました。サーカス公演中、サーカステントから大歓声が沸き、テント外部まで大歓声が聴こえてきました。木下大サーカスの職員の方から「サーカス団員は声援が多ければ多いほど団員の気分が盛り上がり演技も予定よりも多くするので公演が長引くこともあります」とお話がありました。公演後、退場口からでてくる学生達はみな興奮した様子で、とても満足した表情でした。

▲最後のフィナーレ(上の写真)の様子だけ撮影できますが、サーカスは撮影NGです。

 

見事な演武の様子は、木下大サーカス様がYOUTUBEで公開なさっていますので以下にリンクを張ります。

臨場感あふれる木下大サーカス

世界が認めた木下大サーカス

サーカス編

 

今回の木下大サーカスで得た教訓を今後の学生教育の資にしたいと考えます。

 
西日本 教務部 斎藤